電力自由化を取り入れれば費用を大幅カットできる

料金以外のサービスも検討

女性

生活にあわせた会社選択

電力の自由化に伴って、一般家庭では自由に電力の供給会社を選ぶことができるようになりました。電力の供給会社を自由に選択できるようになったことで、電気料金を安くすることも可能なのです。比較方法としては、単純に月額あたり同じ利用量でどれだけ、安くなるかを見る方法が一つです。しかし、これだけでは、数円程度や数百円程度の違いしかでない場合もあるため、電力供給会社を変えるメリットをあまり感じられないでしょう。電力供給会社を変える動機として、電気料金ばかりでなくそれ以外のサービスも検討してみる必要があります。例えば、電気料金とガス料金をセットにすることで、ポイントが貯まる会社や、電力供給を依頼することで、ガソリンの料金が安くなる会社などがあります。これは電気料金を直接安くするのではなく、違ったかたちでユーザーに料金を還元しているのです。それ以外にも、有料のサイトやアプリの利用料が無料になったり、水漏れやガラスの割れなどのトラブルに無料で駆けつけてくれるサービスを行っている会社もあります。電気料金だけを単純に比較するのではなく、包括的に様々なサービスから比較検討をするのが、電力供給の自由化の享受を一番受けられる方法なのです。電気以外のサービスで電力会社を決める場合には、自分のライフスタイルに一番マッチしていることがポイントになります。例えば、車をよく乗る家庭ではガソリン費用で還元してくれる方が、家計へのインパクトも大きくなります。よく利用しているポイントに還元してくれるサービスも直接的に家計に影響をもたらしてくれるでしょう。このように自分たちの家庭にあわせた比較材料で電力供給会社を選択することが大切になります。